ノア☆ザミ

オリ棒創作の説明的なのを投稿。

罪深き血-2

「…どうする?」
「一応、行ってみますか…。少しだけ戸惑いますが…(汗)」
嫌だな…、また変な要求してくるだろうし。
裏道を通って行くと周りの風景変わる…。
夜鷹、梅毒、物ごい…身分に差があれば今日を暮らしていくのが精一杯…
その中で一際目立つ看板。
風俗でもあり、普通の接客業だったり…一つわかるのは独特しい匂い。
中に入って、奥へ奥へと進む…一部屋まで付くとノックする
「どうぞ~」
「っ…」
中から声を広い、中へと入る。
「はーいいらっしゃぁ~い★」
顔を覆い隠すほど長い銀髪、その間から見えるギザ歯、中国衣装に近い身をまとってる。
「鬼灯…突然の訪問を失礼します。ちょっと訪ねたいことが…」
「う~ん最近あった落下してきた変死体でしょ~?」
「もう聞き耳入れてたんですね…」
「"それっぽい"事件ってのは必ず入るしね~。あ、適当に座ってね~」
と鬼灯は言うが…適当????
そこらに棺や人ぐらいの大きさの十字架などあるが…、椅子の存在がない。
流石に棺は遠慮したいから、消去法の十字架の座る。
「んで、最近の事件についてね~」
「…一つは、死因についてなんだけど…」
「あぁあれね?…あれただの刃物じゃぁないね~」
鬼灯は壺に手を突っ込みクッキーを噛る
…刃物じゃない?それも、"ただの刃物"ではない
意味深に答える鬼灯に更に問う。
「どういうこと?」
「う~ん?そうだねぇ~?」
「……分かった。出来るだけ報酬は望み通りにあげるから教えて欲しい…」
焦れったく答えない鬼灯にため息をしつつ聞いた
それを聞いた鬼灯はニヤリと笑い、答えた
「ひひ…あれねぇ…"異能"による刃物だよ~。」
「!!」
「だから遺体を解剖しても、刃物の判明は不可能だよ~。勿論、証拠の刃物は出てこないしね~。」
「……そうなると、刃物を出せる異能者…または、刃物状に出来る異能者かってことか…」
私は顎を添えて呟く
今のところ、それらしい異能者は見たこと無いし…一度店に戻って、資料を確認し直すか…
私の表情で分かったのか、いきなり顔を近づけてきた
「っ!?」
「んじゃ"いつもの報酬"ね~?」
顔は隠れてもニマニマするのは解る。
情報を貰った手前、断れない…
「はぁ…劉…注射器ある?」
「ん…」
懐から空の注射器を貰う。
私は自身の腕に射す。
「っ…」
…うわっ…血を抜かれる感覚好きじゃないんだがな…
最大限の量を取り出すと、容器に入れ鬼灯に差し上げた
「ふひひ…毎度有り~」
「"ナニ"に使うかは聞かないであげるけど、人間には使わないでね」
「ひひひ。分かってるさ…"人間"には使わないさ…"人間"にはね~?」
「……。」
ふぅと息を吐く
「それじゃ…」
「次も待ってるからね~」
鬼灯は右手で手を降る
ある程度歩くと、少し座り込んだ
「コウ?」
「ごめん…軽い貧血…」
座り込んだまま顔を上げる…
私の顔をそっと触れる劉
「今日の調査はここまでだね…刃物を出せる異能者、または刃物状に出来る異能者が容疑者だって分かったし…」
「そうだね…」
劉は特に聞いてなかったようでしっかり聞いててくれてた。
それもしっかり理解してる…
彼以上に理解力のある子はなかなかいない…、

 


暗い空間…、洞窟のような場所だ…。
ポニーテールのように腰ほどの長髪の男は口を開く
「そう、奴等も動き出したか…」
「はい…ただ、今のところ奴等も"いつもの事件"と思ってるようです」
長身な男。右目大部分を継ぎはぎしたような顔、左目は桔梗色、右目は金目。大部分が赤毛で前髪半分は銀髪。
長髪の男はニッコリとギザ歯を見せて笑う。
「紅斗くん、報告ありがとうねぇ…変化が解り次第で報告もお願い」
「はい!」
後ろへ下がり姿を消す。
「サキちゃん…準備万端かい?」
「……ボスの仰せの通りに…」
死装束風の和服女性。虚ろな目。長髪な白髪と黒い瞳
機械的に…軽く答える。
「あ、そうそう…黒鉄くんの記憶消去は?」
「…、我々の基地範囲内を越えたら、発動するように手筈してます」
「そう…なら放置でいいかぁ…」
石板にそっと触れる…
四方角と、中心に二つの窪み…
「妖魔界と繋がる道はもうすぐ…」
薄く笑い石板を撫でる

続く

罪深き血-1

バシッと何かを叩きつける音が響く
「おりゃ!!」
私はいつものように特訓してた
裏庭に竹刀を持ち、藁で作った大きな人形?に叩きつけてた


f:id:shinschang:20201008135610j:plain


私は人よりも腕力が弱い…他人の手足ぐらいは切り落とせるけど、首とか胴体は恐らく切り落とせない…
昔にも同じことがあった…首さえ落とせれば殆ど苦痛を受けることなく事切れると聞いた…だからせめてもので首を狙ったが力が足りなかったからか…結局切り落とせなかった…
相手は苦痛で叫んだ、私は聞いてられず最早叩きつけるように切り落とした…
2~3回でやっと事切れた…
私は、己の軟弱ぷりに失望した…これでも人一倍鍛えてるつもりだったから…
だから、身体能力がどれだけ高くても腕力を鍛えなきゃダメだって…
「あ”-!くそっ…」
私は思わず竹刀を叩きつけた…
力加減を間違えて竹刀が折れてしまった…
(…こんなんじゃダメだ…まだ、まだ…っ)
折れた竹刀を片手に握り締める
「コウ…そろそろ、開店時間…」
「あー、今行く…」
劉が知らせてくれた…
落ち着かないと…感情的になると損だらけになる…
汗かいたから、先に湯あみしてから着替えて仕事に向かった
「ふぁ…っ」
「…眠い?」
「んーん、疲れが出ただけ」
「そう」
今日も今日とて黒いお客さんが来る
裏社会なだけであり、表立って言えない人たちがいる。
人間と言うのは、良くも悪くもズル賢い。
どっちを選んだって、嫌いか好きか別れる。
ムカついたから嫌う人もいれば、理由もなく嫌う人もいる。
好きなはずなのに、攻撃的になることもある。
「そうだ…コウ、今日はどうする?…来てるんでしょ?」
「っ…そうだね。気が向いたら…」
劉が思い出したように口を開く。
私は基本誰でも愛想良く接するが…唯一、唯一愛想良く出来ない相手がいる。
本来は、そんなことすれば最悪死刑にされるレベルだ。
けど、あの人もそれなりに情があるのだろう。
「……あの人も図太い神経してるよね…。いくら、国の当主とは言え、こんなとこに来てるの知られたら、一番の被害は間違いなく、コウなのに…」
「……」
劉は勿論知ってる…だからこそ強く言わない
私は───、婚外子であることも…。王家とも関係してることも…
「そう、だね…。許すかどうかは私が決めること。話すかどうかも私が決めること。」
思わず目付き鋭くなる。
嫌悪感から来るものだ…。

 

どうしても会いたくない…、そんな自分勝手さにも嫌気がある。

 ─────

 
劉が表に立って立ち向かう。
「どうしてもダメか…」
「うん、コウのこと思うなら…従った方がいいよ。」
スッと目付きが鋭くなる。
そして劉は口を開く
「───紅桜王家32代目の王さま…」
「……、また来る…」
一礼して店から出る。
変装のつもりなのか、少しみすぼらしい格好だった。
だが王家特有の赤毛だけは誤魔化せない。

f:id:shinschang:20201008135629j:plain

赤毛の男は店から出り軽く振り替える。
そっと呟く
「第一王子になれとは言わん…せめて私の側にいてほしいだけ…和泉との、最もの愛されるべき子だから…」

 

 「帰ったよ」
「そう、ごめんね…」
「あと、これ…」
「?」
手紙が二・三通も…、王家からと言うと、"依頼"だろう。
「…個人で会うつもりはないけど…、仕事を理由に会わせようとするとか…性格悪っ…」
"あの人"の意図が解っちゃうと、逆に腹が立つ…
「まぁまぁ…別に良いんじゃない?いつも依頼料は相場以上にくれてるんだし」
背後から声をかけられる
「白銀…(汗)」
彼女は白銀。
死天相談店の女従業員である。
大きな翡翠の瞳、短い髪で左サイドの三つ編みが特徴。
元暗殺者でもあるが、本人には《仕事以上》の感情はない。
公私を分別してるのは良いことだし、主力である劉と私がいない時に代わりに番してくれるから助かる。
「よく簡単に言うものだ…」
「だって合理的じゃん?依頼料さえくれるんなら、下手な仕事よりも稼ぎがいあるし」
「……。」
確かに…この御時世、稼がなきゃ生きてられない…。
それでも…感情的になってしまうのも、人間なのだ…
「んで?どんな依頼?」
「ん、えと…?」
「男爵の闇商売、人身売買…突然の落ちてきた謎死体…?」
「は?」
いや、確かに「は?」だ…
三枚目の依頼なんて、頭おかしくなったレベルだ
死体なんてゴロゴロある。
貧富の差が激しい御時世だ…餓死や麻薬による死など…
「いや、でも"落ちてきた死体"ってなに?」
「…転落死なら別に珍しくない…。」
劉の言うとおり…転落死なら珍しくないもないし不思議でもない。
「……現場に行ってみる?」
「そうだね…警備隊は良い顔しないだろうけど…この"依頼者の印"を見せれば、何も言わなくなるでしょ…。」
桜と桔梗をあしらった印。王家の紋章だ…。
王家からの依頼で動いてる我々を邪魔すれば、間違いないなく反逆罪に等しくなる。
「んじゃ、白銀…店番頼んだ」
「了解でーす」
白銀にお留守番を頼み、私と劉は依頼の場所に寄る。
あとで説明するときに面談しなきゃなんないのか…会いたくないな…。
事故現場に付くと、案の定警備隊の人に通せんぼされかけたが"例の依頼者"の封筒を見せると苦虫を噛み潰したような表情を浮かべた。
「ほぉん…転落死とは言い難い損傷ですね…」
直接遺体を見ると…転落する前に、既に死亡したと思われる痕跡があった。
…なんだろう…刃物で切り裂かれたような痕だな…
ざわざわする声を聞く限り、上で戦闘音ようなものは響かなかったらしい。
それなのに、突然落ちてきた死体…。
王家も無理難題を押し付けるな…
「おい、気が済んだら離れてもらおうか」
「あぁ…すみません」
私に声をかけたのは、警備隊の隊長である戸崎さん。
あからさまな不機嫌さにため息しつつも言うこと聞く。
「コウ…どう?」
「う~ん…いまいち情報が掴めてない…。分かったのは、死因は転落じゃなくて刃物による出血死…。」
「こっちも警備隊が調べたであろう書類を見てるけど…、ろくな仕事しないね…」
「……っ。」
「はい返す」
戸崎に書類を押し付ける感じに返す。
力が強く少し後ずさった。
「けほ…死天相談と言うのは随分乱暴に扱うんだな…。」
「おや?僻みですか?警備隊程度が無意味な調査を長引きかせて、どんどん犠牲者を出させてしまうおバカさんばかりの集まりじゃないですか。」
嫌味を込めた発言…だが本当のことしか言っていない。
間を置いてニッコリと口を開く。
「我々に意見するほどの功績を、貴殿方はお持ちでも?」

f:id:shinschang:20201008135848j:plain

「くっ…」
何も言い返せない戸崎を置いて、劉に声をかける。
「行きましょう劉…恐らくここには大したものは遺体以外は残っていない。」
「うん分かった」
戸崎は苦虫を噛み潰したような表情を浮かべた。
バサッと赤と黒の羽織をなびかせた…
 

続く

罪深き血-序

我が創作の一部を物語として出します。
主人公は小柄な男性の茶々丸です。
わりと時系列が適当()

※あ、挿し絵について

キャラを描くほどの学力は持ち合わせていないので、オリ棒で描いてます。

─── 

「あ…、っ」
痛い、苦しい…
誰か───、助けてっ…!

 
──────

「ふざけんな!!」
「おや?ちゃんと説明聞きましたよね?」
私の名は茶々丸
赤みのある茶髪が特徴であり、身長157と言う低身長…誰がチビだ(怒)

紅桜国歴-2142年の夏ごろ。
ここは裏社会にある店舗。
《死天相談店》とも呼ばれる相談所である。
現在、面倒なお客さんがお見えしており、クレームされてる。
はぁ…ちゃんと説明したのに、
怒りに任せてるのか、言ってることがめちゃくちゃ過ぎる。
「お前が、お前が娘を殺したようなもんだ!!訴えてやる!!」
「………」
この男の言うことは"ある意味正しい'。
私の持つ異能は生死をかける…、たが、説明した手前、クレームで来られても困る。
「お客様…あまり感情的になると血圧上がりますよ?」
「っ!?ぶっ殺す!!」
相手から手を上げてきた。
私は咄嗟に、相手の腕を切り落とした。
相手から手を上げてきたんだ…これ正当防衛だ。
「あ"ぁあっ!?」
「お客様…これは従業員に対する暴力行為、及びに営業妨害です。お引き取りを」
「ぐっ…くッぞぉ…!」
相手は引きずりながら出ていった。
腕からの多量出血、激痛…。
多分、直ぐに死ぬな…。
刃に付着した血を振り上げる。
クレーム付けるお客様ってのは面倒くさい。
「さて、そろそろだ…」
入り口から出り、看板を『closed』に裏返す。


先ほどのクレーム入れてきたお客様が最後だ。
あとで依頼整理しなくては…、
「コウ…終わった?」
私を『コウ』と呼ぶのは一人だけだ。
彼は久遠寺 劉(くおんじ りゅう)。
身長が186と言う大男。
藍墨茶のニット帽、長い黒髪、つり目赤目で瞳孔が縦長。あとはセンター分けによって見え隠れしてる左目の泣きぼくろ。
世界で【人間界の悪魔】、【漆子(うるしご)】、または希少と呼ばれる。

理由は遺伝子的なことだ。
髪は茶を中心とした、黒、栗、金、銀とベースと言う決まった色がある。
その中で黒髪自体は女性のみ受け継がれてる。瞳も髪色も法則性がある。
瞳は黒・琥珀・灰・碧・紫・翠・茶と言う感じ全部で7つ。
その中で、男性のみ赤目で生まれることがある。
黒髪で赤目…不吉な象徴、または妖魔の生まれ変わりとも呼ばれる。
なのに目立つほど迫害されない理由。
それは漆子は人間の中では、異能及び身体能力がずば抜けて高い。その反面、寿命が30年と持たず、生まれることもかなり少ない。
その為、漆子を産んだ家系は一世代のみだが伯爵級の身分と財産をくれる。

 

f:id:shinschang:20201008135148j:plain


もちろん、劉も伯爵級の身分を持ってる。
けど、あまり気取らない、女嫌いな節があるけど、反撃以外は手を出さない。
そう教え込んだのは私と義姉だけど。
「うん、手を上げられそうだったから、思わず切り落としちゃった(汗)」
「…コウに手を上げてくる奴なんて死んで当然だよ。」
劉はガリッと爪を噛む。まるで『自分がやりたかった』と言わんばかりだ。
この子は、私のことになると途端に過激派になるからな…。
見え隠れしてる右手首に巻かれた包帯が見える。
「まぁまぁ…感情的に動いてきたから、隙を狙えたし、結果オーライよ?」
「………コウが良いってなら、良いけど…」
ちょっと納得してない様子だが、彼なら直ぐに忘れる。
彼は感情、記憶力が欠如してる上に『全てどうでもいい』が口癖になるほどだ。
元々売られた身の割りに淡々としてた。
まるで───…
「コウ?」
「っ!」
ボケっとしてたのが不思議に感じた劉が顔を覗き込んできた。
…いけないいけない…変に深く考えすぎちゃうのは悪い癖だ。
「大丈夫だよ、ほら閉店の準備するよ」
「…はーい」

 

「…閉まってる…少しばかり遅かったか…」
四十路ほどの赤毛の男性が『closed』の看板を見て呟く。
少し良い生地立てをした服装。
一纏めにした長髪。
少し鋭くも優しさのある桔梗色の瞳。
「私、諦めないからな…どれだけ罵倒されようとも───…な…、紅一(こういち)…」
百八十度回転して引き下げた。
悲しみと罪悪感を含んだ瞳…



f:id:shinschang:20201008135131j:plain


続く。

(我が創作に置いての)遺伝子についての新じょーほ

赤目は確かに漆子こと男性のみの色だったが、実は知られてないだけで赤目自体は人間にも存在してる。
それは、アルビノでもありキメラとも言われる漆子よりも産まれやすい突然異変の遺伝子。

主に黒棒の間に生まれやすい(解りやすいかr((((殴)。

白の方が圧倒的な多さではあるが、黒も少なからずいる。
肌の色以外は大した違いはない。
…話それた(殴


真っ白い髪、真っ赤な目…そして真っ白な肌。産まれる性別については男女関係はない。
一見すると白とは違いはない。たが、髪の毛を一本だけだど透明度が高い。
肌が弱く日にも弱いため火傷痕など目立ちやすい為に、長袖長ズボンは必要不可欠
日焼け止めも欠かさない。漆子ほどではないせよ、短命(割と50そこら)に入る。
理由は外部による迫害や、肌の弱さなど知られてないからである。

↓イメージ図

f:id:shinschang:20201001160822j:plain

属性関連

火、水、風、地
比較的に簡単に習得出来る。

光、闇
習得が難しいが不可能ではない。
特に闇は習得が難しい。

模擬戦で習得しながら、得意属性から創成属性をしていく。
たまに雷を属性にしてる人がいるが、それは水+火+風(空気)から創成していく。

恩寵学園の登場人物予定

アキルド・F(フォンセ)・ガラクシア
二十歳前半で183㎝。
両親が魔術師同士で混血。ガラクシアはスペイン語で銀河を意味する。目付き悪く性格はクールでぶっきらぼう。侯爵家の落胤で父と異母姉からは無関心。右目は事故により失明してるらしく眼帯してる。人間嫌いなところもあるらしく他人との交流を好まない。
闇と水が得意属性。


ソレル・S(サンティエ)・リュミエール
184㎝で年齢不詳。
騎士団団長。リュミエールはフランス語で光を意味する。性格は明るく聡明、必要以上な争いを嫌う。金が混じった銀髪をポニーテールにしてる。習得が難しい光を得意とする家系の次男。風と火が得意属性。
光を習得出来なかった為にリュミエール家から異端者扱い。


リョート・S(サンティエ)・リュミエール
180㎝で年齢不詳だが弟とは一歳差。
騎士団副団長。金髪。性格は物静かで聡明だが用心深く人間嫌い。弟には少なくとも心を開いてる。
顔の半分ほど模擬戦のせいで火傷を負っており、その部分だけ仮面してる。
光と火が得意属性。

罪深き血《登場人物(一部予定)》

茶々丸(ちゃちゃまる)
本作の主人公。本名は紅一。三十路。O型。157㎝と男性のわりには小柄。赤みのある茶髪を一本に纏めており、右側の前髪がかなり長めに垂れ下がってる。明らかに邪魔そうなのに、何故か纏めようとしない。糸目で常にニコニコ。終わったことを深入りしない精神でやってる。小さな仕込み杖。身体能力は高いが腕力が弱い。
類の無い異能者。


久遠寺 劉(くおんじ りゅう)
主人公の相棒。漆子。26歳。B型。元良家。185㎝と四人の中では大柄。赤目、長い黒髪を一本に纏めてるおり、左目の泣きぼくろが特徴。常に笑っているが善悪持たず、決めること出来ないから全てどうでもいいと思ってる。異能者【毒花】


・白銀(はくぎん)
主人公の補佐役。B型。死天相談店の唯一の女従業員。26歳、162㎝で主人公よりも高め。身体能力が高く、柔軟運動が得意。短めの銀髪で左サイドの三つ編みが特徴。物事には楽観的だが、合理的な一面も…。"女性らしさ"と言うものに疑問を感じてる。
ある人の証言では『服のせいで分かりにくいが、かなりスタイルが良い』

・蒼(あお)
主人公の補佐2。偽名?妖魔と人間のハーフ。大きな金目。性別以外は名前、年齢不詳で謎だらけ。記憶喪失で常に無気力で白銀に抱き抱えられる。夢見が悪いのか、昼寝してることが多い。
一暴れ後に出てこなくなる。精神操作の異能者。


・戸崎(とざき)
本名は戸崎 一智(かずとも)。A型。172㎝で18歳。警備隊の隊長。アッシュブロンドと翡翠が特徴。警備隊長故に正義感が強く、反する者を許さない精神。死天相談店に対抗心があるものの、負けるのは自身の未熟と思っている。公私を区別してる理性的。
コインを使った電撃を得意としてる。


・鬼灯(ほおづき)
死天相談店の直属の情報屋。偽名。175㎝で年齢不詳。顔を覆い隠すほど長い銀髪。ギザ歯がやっと見える。代償は常に茶々丸の異能の一部を貰ってる。常にニコニコでおかしな思考の持ち主。蒼よりも謎だらけ。


・黒鉄(くろがね)
白銀の元兄弟子。178㎝で28歳。A型。プライドだけ高い努力家。どうやらテロ組織《ラビリンス》の幹部辺りにいたらしいが、その時の記憶が曖昧。
白銀のこと無意識的に好意を抱いてるが、兄弟子故に素直になれない。柱のような電撃の異能者。


・シルバニ
本名はシルバニ・ルイス・ファロン。200㎝。妖魔界の王さま。妖魔界の王らしく慈悲もありつつ目的の為なら情すら捨てる。
黒龍と吸血鬼のハーフらしく、日光や十字架は平気のようだが、ニンニクだけは苦手らしい。立派な角と大きな片翼が特徴。


・デヴィッド
本名はアキノエ・デヴィッド。O型。今作の被害者。村の話だと、独身だが気さくでいい人だったらしい。『カマイタチ』の異能者。


・紅蓮(こうれん)
本名は紅桜 紅蓮。紅桜王家32代目。B型。172㎝。長い赤毛と桔梗色の瞳。齢四十は行ってるそう。妃を三人おり、内二名との間に子がいる。
我が子たちに厳しく躾しつつ愛情を注いでる。割りと年少で王位に付いたらしく常に自分に完璧を求めてる。氷の異能者。
茶々丸のことを執着してるようだが…?



・紅火(べにか)
紅蓮の第一子。B型。瑠紅とは同腹で一歳上の姉。姫だが気が強くハッキリ物申すが年相応な一面がある。


・瑠紅(るべに)
紅蓮の第二子。O型。王位継承者。10歳。王位継承者なので厳しく躾られており、年齢のわりには現実主義な一面があるものの、人を疑わないところがあり人柄は良い。
結界の異能者。


・紅星(こうせい)
紅蓮の第三子。A型。瑠紅とは腹違いの同年の弟だが母親こと后同士が仲良いのか、姉弟仲は良好。瑠紅よりも頭が良く、人を良く見てる。何故か女装してるそうだが…?


・華紅(かべに)
瑠紅、紅火の母親。36歳。没落しかかった貴族の娘。
実は宮入りすべき年齢は15からだが、彼女は異例の18歳で宮入りした。
選ばれた理由が『初恋の女性に似てた』とらしいが、それでもいいと思ってる
后らしく凛々しいがおっさんっぽく変態気質。

・緋鶴(ひづる)
紅星の母親。29歳。伯爵令嬢。
華紅が姫を生んだ頃に宮入りした。
厳格で淡々とした性格。
自尊心が高く后に相応しい人柄。

琥珀(こはく)
妹的存在。因みに16歳で最年少。
陛下からも妃と言うよりも娘に近い感情らしい。
恐らく継承者の婚約者になり得る。


・越場
本名は越場 一助。《ラビリンス》の手下。性格は頭は良くクール寄り。茶々丸を狙い奇襲を仕掛けてくる。理由を言えば、消されるらしく口封じもされてる。ただの傀儡だと思いきや、なにかしら事情を抱えてるようだが…?剣術を使える。
一度襲撃をするが、それからあまり出てこない。



ひとまず登場予定のキャラクターたち。
変わったりするかもしれない